ここから本文です

JTが加熱式たばこを発売、「少ない臭い」でアイコスに対抗

6/29(木) 6:00配信

Bloomberg

日本たばこ産業(JT)は29日に銀座と新宿に専門店を開店し、都内で加熱式たばこ「プルーム・テック」の販売を開始した。同社独自のアプローチで、加熱式たばこの全国販売で先行した米フィリップ・モリス・インターナショナルの牙城の切り崩しを狙う。

JTはこれまで福岡市内とインターネットでプルーム・テックを販売してきたが、この2店舗に加え7月10日には都心部6区のたばこ販売店など約100店舗での販売を開始する。7月には英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)もこれまで仙台市に限定していた「glo(グロー)」の販売地域を7月3日に東京と大阪、宮城県内全域に拡大する予定だ。フィリップ・モリスは「IQOS(アイコス)」を2014年に名古屋市で限定販売を開始し、16年に販売地域を全国に拡大した。

日本は世界の加熱式たばこの主戦場となっており、英ユーロモニター・インターナショナルによると、16年の世界の加熱式たばこの売上高で日本が96%を占めており、18年までに39%の伸びが予想されている。アイコスは発売後2年が経過した今も品薄状態が続いており、国内たばこ市場シェアの10%以上にまで急成長している。

しかし、フィリップ・モリスやBATが紙巻きたばこの代替として加熱式たばこを提案しているのに対し、JTが目指すのは喫煙者の喫煙室からの解放。臭いの少ない加熱式たばこで、非喫煙者と肩を並べているような状況でも吸えるような製品づくりを目指したという。

JTたばこ事業本部EPマーケティング部長の藤原卓氏はインタビューで、プルーム・テックを喫煙所内で吸うのであれば「あまりメリットを感じないかもしれない」と述べた。プルーム・テックはたばこ葉を直接加熱しないため、他社製品よりも気になる臭いが少ないという。まずは「いまバトルフィールドとなっている東京でお客様の声をきちんと確認したい」と話した。

たばこ葉を直接加熱しない

1/3ページ

最終更新:6/29(木) 14:24
Bloomberg