ここから本文です

秦基博 新MVに「タッチ」 あだち充作品と異例のコラボ

6/30(金) 5:00配信

デイリースポーツ

 歌手の秦基博(36)が、人気漫画家・あだち充氏の高校野球を題材にした大ヒット作「タッチ」とコラボして、代表曲「鱗(うろこ)」のミュージックビデオ(MV)を制作したことが29日、分かった。小・中学時代に野球少年で、あだち作品の大ファンだった秦が、熱望して実現。主人公・上杉達也を中心とした人気キャラクターが、秦の歌声に乗ってよみがえる。

 国民的野球漫画として長年愛され続けている不朽の名作「タッチ」。双子の兄弟、上杉達也、和也と、幼なじみの浅倉南が、明青学園で甲子園出場を目指す青春ストーリーで、切ない恋模様や突然の別れが、読者の心を打った。アニメ版のオープニング曲は今も、高校球児の応援ソングとして甲子園でブラスバンド演奏されていることでおなじみだ。

 「鱗」のMVは、「タッチ」と26年後を描いた続編漫画「MIX」から抜粋した名場面をつなぎ合わせて構成し、2作品の総集編のように仕上げた。あだち氏が既存の漫画素材をアーティストに提供するのは初めて。「上杉達也は浅倉南を愛しています。世界中のだれよりも」と河原で告白する名シーンも盛り込まれた。

 秦にとって2枚目のシングル「鱗」は、2007年6月にリリース。当時もMVは作られたが、ベストアルバム「All Time Best ハタモトヒロ」を今月発売したのに合わせ、10年ぶりの“新調”となった。

 幼いころから大ファンだった「タッチ」との“バッテリー”に、秦は「あだち先生の作品と自分の歌がこんな風に出会う日が来るなんて想像もしませんでした。本当に感動です」と感無量。ラブコールに応えたあだち氏も「この漫画は名作なんじゃないかと素直な原作者は思い切り勘違いさせていただきました。素晴らしい声と曲に感謝です」と大満足だった。