ここから本文です

アーセナルCEO、「トップクオリティの選手を狙う」と今夏の補強について言及

6/30(金) 11:18配信

GOAL

アーセナルCEOのイバン・ガジディス氏は、今夏さらに何人かの新戦力をチームに加えたいと明かしている。

アーセナルは昨シーズン、アーセン・ヴェンゲル監督就任後初となるトップ4を逃し、新シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を失った。シーズン終了直後にフランス人指揮官と新契約を結んだものの、新戦力はシャルケからフリーで獲得したセアド・コラシナツのみと思うように補強は進んでいない。

ガジディスCEOは火曜日に行われたイベントで「我々はブンデスリーガのチームオブザシーズンに選出された選手と契約した。しかし、まだまだトップクオリティの選手を狙っている」と、昨今うわさされているリヨンのアレクサンドル・ラカゼットとモナコのトーマス・レマルの移籍を実現させたいと語っている。

また、多くのサポーターがヴェンゲル監督の続投に反対していたものの、最終的に2年間の契約を結んだことに関して「決して驚くべき決断ではない。これは双方にとって良いものだと思っている」と長期政権を築く指揮官への信頼を口にした。

さらに、ガジディス氏はこのイベントで、今夏「チームに変化をもたらす」バックルームスタッフを新たに迎え入れることを発表している。

GOAL

最終更新:6/30(金) 11:18
GOAL