ここから本文です

【WRC】トヨタのハンニネンに10秒ペナルティ「硬い路面が軟質な泥状に・・・」

6/30(金) 14:19配信

TopNews

6月29日(木)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦ラリー・ポーランドが、ポーランド北東部のミコワイキで開幕。

●【WRC】トヨタのラッピ、初日6位「滑りやすい路面で全開で走るのはスリリング」

競技初日デイ1として、スーパーSS1本が特設コースのミコワイキ・アリーナで行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)が総合4位、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC#12号車)が総合6位、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(ヤリスWRC#11号車)が総合34位となった。

■ユホ・ハンニネン (ヤリスWRC #11号車)

「ラリー・ポーランドは、きっと大きなチャレンジになるでしょう。レッキ(コースの事前下見走行)の段階ではコースは完全にドライで、路面は硬く締まっていましたが、ラリーが始まる前に雨が降ったら路面は軟質な泥状となり本当に滑りやすくなります。

スーパーSSには大勢の人がおり、走ってみると路面はグリップの変化が大きく大変でした。ジャンプスタートにより10秒のペナルティを受けてしまったのは残念ですが、遅れを取り戻せるように明日以降頑張りたいと思います」。

■ラリー・ポーランド デイ1の結果

1 エルフィン・エバンス/ダニエル・バリット (フォード フィエスタ WRC) 1m44.4s
2 ティエリー・ヌービル/ニコラス・ジルソー (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +0.8s
3 セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア (フォード フィエスタ WRC) +0.9s
4 ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ (トヨタ ヤリス WRC) +1.3s
5 オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ (フォード フィエスタ WRC) +1.4s
6 エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (トヨタ ヤリス WRC) +1.5s
7 ヘイデン・パッドン/セバスチャン・マーシャル(ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +1.5s
8 ステファン・ルフェーブル/ギャバン・モロー (シトロエン C3 WRC) +1.5s
9 アンドレアス・ミケルセン/アンダース・ジーガー (シトロエン C3 WRC) +1.6s
10 ダニ・ソルド/マルク・マルティ (ヒュンダイ i20 クーペ WRC) +1.8s
34 ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム (トヨタ ヤリス WRC) +11.8s

最終更新:6/30(金) 14:19
TopNews