ここから本文です

〈NHKスペシャル 映像の世紀コンサート〉のBlu-rayリリース 9月の東京公演“見切席”も追加発売

6/30(金) 17:43配信

CDジャーナル

 NHKスペシャル「映像の世紀」シリーズから選りすぐった記録映像にあわせて、テーマ音楽「パリは燃えているか」をはじめ「映像の世紀」「新・映像の世紀」の音楽を担当した作曲家 / ピアニストの加古 ?が、大迫力のオーケストラとともに演奏した2016年9月の公演〈NHKスペシャル 映像の世紀コンサート〉。大きな反響を呼んだその模様を収めたBlu-ray『映像の世紀 コンサート』(NSBS-22480 4,700円 + 税)が7月21日(金)に発売されます。特典映像として、加古が「パリは燃えているか」の誕生秘話を語るインタビューを収録。

 このコンサートの大きな反響を受け、2017年7月12日(水)に栃木・宇都宮 栃木県総合文化センターで“加古?クァルテット版”、9月2日(土)には東京・渋谷 Bunkamuraオーチャードホールで“オーケストラ版”公演が開催されます。“加古?クァルテット版”は加古?クァルテットと羽毛田丈史(シンセサイザー)が、“オーケストラ版”は岩村 力指揮東京フィルハーモニー交響楽団が演奏。両公演とも、「映像の世紀」のナレーションを担当していたフリーアナウンサーの山根基世が登場。

 また、昼夜公演ともに完売となっていた“オーケストラ版”は、“見切席”(3,000円 / 税込)を6月30日(金)より販売開始。ホールの構造上、スクリーンおよび舞台の一部が見切れてしまう座席が追加発売されています。

最終更新:6/30(金) 17:43
CDジャーナル