ここから本文です

【グッドウッド2017】ホンダ シビック タイプR 新型、ヒルクライムへ…「最強のシビック使い」を起用

6/30(金) 8:30配信

レスポンス

ホンダは、英国で6月30日に開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」のヒルクライムに、新型『シビック タイプR』が出走すると発表した。

画像:ホンダ シビック タイプR 新型

新型シビック タイプRのパワートレインは、2.0リットル直列4気筒ガソリン「VTECターボ」。最大出力は320ps、最大トルクは40.8kgmを引き出す。トランスミッションは6速MTで、レブマッチコントロールを採用。ホンダによると、エンジン制御セッティングの最適化によって、スロットルレスポンスやドライバビリティを向上させているという。

この新型シビックタイプRが、グッドウッド名物のヒルクライムに出走する予定。フェスティバルの恒例行事が、ヒルクライム。スーパーカーを含めた市販車のみならず、F1やWRC(世界ラリー選手権)マシンなどが、およそ1.8kmのコースを一気に駆け上がり、観客を沸かせる。

なお、ドライバーには、マット・ニールとゴードン・シェデンの両選手を起用。両選手は英国ツーリングカー選手権(BTCC)において、『シビック』での優勝経験を持つ、いわば「最強のシビック使い」。ホンダは、「新型シビックタイプRが、グッドウッドのファンの面前を駆け抜け、強力な風を吹きつけるだろう」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:6/30(金) 11:34
レスポンス