ここから本文です

南圭介が12人目のキュウレンジャーに!鳳凰モチーフの俺様キャラ

6/30(金) 5:00配信

映画ナタリー

現在テレビ朝日系にて放送中の特撮ドラマ「宇宙戦隊キュウレンジャー」に、12人目のキュウレンジャーとして南圭介演じる鳳ツルギ / ホウオウソルジャーが登場することがわかった。

【写真】「宇宙戦隊キュウレンジャー」より南圭介演じる鳳ツルギ。(他4枚)

7月9日に放送される第21話より登場する鳳ツルギ / ホウオウソルジャーは、キュウレンジャーと出会ったことで永き眠りから目覚める謎多き男。マスクには翼を広げた鳳凰がデザインされており、“伝説の剣”を駆使して熱いバトルを繰り広げる。また、あらゆることを伝説に結び付けて話す癖を持つ。

2008年放送の「炎神戦隊ゴーオンジャー」にゲスト出演したものの、約10年前にスーパー戦隊シリーズのオーディションに落ちた経験を持つ南は「スーパー戦隊シリーズは僕にとって叶わぬ恋というか、忘れられない相手というか(笑)。どこかで挑戦したいという気持ちがずっとありました。なので、今回決まった時のテンションはマックス!」と喜びのコメント。鳳ツルギ / ホウオウソルジャーを演じることについては「これまたテンションマックス! だって、レッドじゃないですか。『うわっ、レッド来た!!』ってなりました。もう、誰が敵でも勝てそう(笑)。武器には剣を使うのですが、僕自身、体を動かすことが好きで、殺陣の経験もあるので、少なからずこの10年で培ってきたものを生かせるのではと思っています」と語っている。

なお本作の劇場版「宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲」は8月5日より全国で公開。

南圭介 コメント
一つ夢が叶いました。10年ちかく前のオーディションに落ちてから、スーパー戦隊シリーズは僕にとって叶わぬ恋というか、忘れられない相手というか(笑)。どこかで挑戦したいという気持ちがずっとありました。なので、今回決まった時のテンションはマックス! すぐに過去の自分に伝えたいと思いましたし、これまでの出来事が走馬灯のように駆け巡りました(笑)。
実際に現場でキュウレンジャーたちを見た時のワクワクは、たぶん視聴者の皆さんと一緒。でも、自分の演技となると、テレビで何気なく見ていたことにも難しさがあり、今はとてもやりがいを感じています。特にアフレコの息遣いは独特。また、ツルギの“俺様キャラ”も、どちらかというと下から添えていくタイプの南個人としては難しい(笑)。ただ、キャラ設定がはっきりしているので、楽しく演じさせてもらっています。
ホウオウソルジャーは、これまたテンションマックス! だって、レッドじゃないですか。「うわっ、レッド来た!!」ってなりました。もう、誰が敵でも勝てそう(笑)。武器には剣を使うのですが、僕自身、体を動かすことが好きで、殺陣の経験もあるので、少なからずこの10年で培ってきたものを生かせるのではと思っています。
「キュウレンジャー」という作品は、とても新しいと思って見ていました。人数も最初から9人と多く、その中にはロボットや珍種(笑)もいて。でも、例えばラプターを相手に演じてみると、AI(人工知能)が話題の今の時代にあっては、リアリティーが感じられる作品でもあるんだなと思います。また、個性豊かなキャラクターが集まっている作品でもあります。そこに、さらにツルギが登場して、はたしてどうなるのか? みなさんに良かったと思ってもらえる何かを作り上げたいと思っています。
ツルギは独特な口癖のキャラなので、子どもたちが真似したくなるような、そんなヒーローになれたらうれしい。街中でその言葉を耳にできる日を、本当に楽しみにしています。



(c)2017 テレビ朝日・東映AG・東映

最終更新:6/30(金) 5:00
映画ナタリー