ここから本文です

HUAWEI P10と同等のスペックなのに半額! コスパ良しのファーウェイ「honor 9」を見た!

6/30(金) 12:00配信

アスキー

ファーウェイ「P10」にかなり近いスペックやカメラ機能ながら、価格は2~3万円ほど安いhonorシリーズの最新モデルがMWC上海で展示されていました。
 ファーウェイは上海で開催中のMWC Shanghai 2017にて、発表したばかりの「honor 9」を展示。低価格ながらハイエンドモデルに勝るとも劣らないスペックで、コストパフォーマンス抜群のモデルのため、同じく展示されていたハイエンドのHUAWEI P10シリーズよりも注目を集めていた。
 

 honor 9はCPUにKirin 960を採用し、メモリーは4GBもしくは6GB、内蔵ストレージは64GBもしくは128GBという構成。これは同社のハイエンドモデル「HUAWEI P10」とほぼ同じ。ディスプレーは5.15型(1080×1920ドット)とP10よりも0.05型だけ大きい。本体サイズは約70.9×147.3×7.45mmで、こちらもP10より若干大きい。
 
 本体背面はガラス素材を用いて光沢のある上質な仕上がりになっている。さらに両サイドのエッジがラウンドしたフォルムで、ミドルレンジとは思えない高級感漂うデザインだ。また、指紋認証センサーは本体前面のディスプレー下部に配置されており、P10同様ホームボタンなどジェスチャー操作でナビゲーションキーとしても利用可能。
 
 さらにポイントとなるのが本体背面のカメラ。デュアルカメラで片方がカラーセンサーの約1200万画素、もう片方が約2000万画素のモノクロセンサーとなっており、これもHUAWEI P10と同じ仕様。違うのはライカレンズではなく(ただし明るさはhonor 9もP10もF値2.2と同じ)、カメラアプリのインターフェースが違うこと。インカメラも解像度は約800万画素と同じだが、レンズの明るさはhonor 9がF2.0でP10のF1.8よりもやや劣る程度だ。
 
 カメラ機能もP10とほぼ同じで、ボケをコントロールできるワイドアパチャーを搭載。特にメインカメラはデュアルレンズにより自然なボケ具合が出せる。P10では美顔系の機能として「ポートレートモード」が用意されていたが、honor 9にはファーウェイのカメラアプリで人気となっているビューティーモードを搭載。美顔調整が細かくできるのでセルフィーメインのユーザーならこちらの方がうれしいだろう。
 
 このようにP10にかなり近いスペックやカメラ機能ながら、価格はメモリーが4GB、ストレージ64GBのモデルで2299元(約3万8000円)。上位のメモリー6GB、内蔵ストレージ128GBのモデルは2999元(約5万円)。P10と比べて2万円から3万円ほど安く、どちらを買おうか迷ってしまうだろう。
 
 Honor 9の日本投入については現時点ではなんのアナウンスもなく未定となっているが、過去のHonorシリーズは日本でも発売されておりセールスも好調なので、日本で発売する可能性も高そう。今後のファーウェイの発表に注目したい。
 
文● 中山智 編集●ASCII編集部

最終更新:6/30(金) 16:05
アスキー