ここから本文です

米MSのクラウドアーキテクト向け「社員特訓メニュー」を体験!

6/30(金) 12:30配信

アスキー

「de:code 2017」で、米マイクロソフトが社内のクラウドアーキテクト向けに用意しているトレーニングプログラムを参加者が体験するセッションが行われた。
 日本マイクロソフトが5月23日~24日に開催した開発者向けイベント「de:code 2017」。少人数の参加者とスピーカーで特定の技術テーマについてディスカッションするChalk Talkトラックでは、米マイクロソフトが社内のクラウドアーキテクト向けに用意しているトレーニングプログラムを参加者が体験するセッションが設けられた。
 

 日本マイクロソフトには、顧客企業がAzureを導入する際に技術支援を行うクラウドソリューションアーキテクト(CSA)、Azureテクノロジースペシャリスト(TSP)、アプリケーションソリューションアーキテクト(ASA)という肩書きのプロエンジニア集団がいる。CSAやTSPに配属されたメンバーは全員、米国本社の一室に召集され、特別なトレーニングを受けるそうだ。
 
 今回のセッションでは、この社内トレーニングプログラムの一部を公開し、参加者が実際にトレーニングプログラムを体験するワークショップが行われた。内容は、具体的な顧客事例をベースに、顧客のニーズや懸念事項を分析し、それに沿ったクラウドアーキテクチャを設計するというものだ。
 
 プログラムの進行役とトレーナーは、日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム技術部 TSPの廣瀬一海氏(デプロイ王子)、同社 クラウド&ソリューションビジネス統括本部 ASAの酒井達明氏、同社 エバンジェリストの佐藤直生氏が務めた。
 
顧客の状況 ~Azureへ移行したいシステムの概要~
 まずは、セッション参加者全員で顧客事例の概要を共有。提示された顧客のシナリオは次の通りだ(50分のセッション時間にあわせて、実際のトレーニングプログラムよりも簡略化している)。
 
顧客の状況
 
 
顧客のニーズと懸念事項 ~SQL ServerライセンスをBYOLしたい~
 オンプレミスにホストされている調達システムをAzureへ移行するにあたって、Lucerne出版社のニーズと懸念事項は次の通り。
 
顧客のニーズと懸念事項
 
 次に、参加者がホワイトボードを囲んで、このシナリオにおける顧客ニーズに沿ったソリューションの設計をディスカッション。実際に顧客の前でプレゼンテーションすることを想定し、Azure移行に際して顧客が懸念している事項についての回答も用意する。
 
 最後に、この顧客事例で推奨されるソリューションの設計について、トレーナーの廣瀬氏が図解した(次ページは廣瀬氏による解説)。
 
ExpressRouteとの接続
 ニューヨークにあるDCのオンプレミスとAzureに、ニューヨーク、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの各拠点からプライベート接続するために、各支社のイントラネットからそれぞれ最寄りのAzureリージョンに「ExpressRoute Premium」で接続します。
 
 ExpressRouteのPremiumオプション利用することで、国をまたいだリージョン間をマイクロソフトのバックボーンネットワークで接続できるようになります。ニュージーランド支社とオーストラシア支社はどちらもAzureオーストラリアリージョンに接続するので、コストを考えてニュージーランド支社からの接続はVPNを選択してもよいかもしれません。
 
 各リージョンのExpressRouteは、BGP(Border Gateway Protocol)を使って、ルーティングと回線を冗長化、フルメッシュ化できます。ここで、例えばニューヨーク支社からAzureへ接続する回線を、米国西部リージョンと米国東部リージョンの2本に冗長化するケースを考えてみましょう。
 
 ExpressRouteの冗長化では、BGPで異なる種類の回線を乗り入れてルーティングすることが可能です。コストを抑えたい場合は、1本をExpressRoute、もう1本はVPNや従量課金制のネットワーク回線にして、この2本でフルメッシュ接続を構築することができます。
 
調達システムのAzureへの移行
 現行の調達システムのフロントエンドアプリケーションは、IIS、ASP.NETに展開されているということなので、この仕様であれば、AzureのPaaSで要件が満たせそうです。よってこのケースでは、フロントエンドのWebサーバーとしてPaaSのApp Serviceの利用を推奨します。
 
 App Serviceは、AzureのVNetの中にVNetの中にApp Service同等の「App Service Environment」を作ることができます。「調達システムへのアクセスをイントラネットからのみに制限したい」というのが今回の顧客ニーズでした。調達システム全体をVNet内に構築し、イントラネットとVNetをExpressRoute接続するネットワーク構成をとれば、調達システムへのアクセスをイントラネットからのみに制限することができます。
 
 バックエンドのSQL Serverについては、IaaSのVM(仮想マシン)にオンプレのSQL ServerライセンスをBYOLで持ち込むことができます。すでにライセンスを持っているLucerne出版社のケースでは、Azure移行にあたってライセンスを買いなおす必要はありません。
 
 App Serviceと同一のVNet内にIaaSのVMを作り、バックエンドのSQL Server環境を移行してください。オンプレと同様に「SQL Server AlwaysOn」の機能を使って、Azure上でフェールオーバークラスター構成をとることができます。フェールオーバーは、リージョン内、リージョン間のどちらでも可能です。
 
ADとAzure ADでの認証
 App Service上に構築されたフロントエンドアプリケーションへのアクセス認証には、現行のオンプレで利用しているADの資格情報が利用できます。Lucerne出版社は、将来的にAzure ADでOffice 365とAzureへのシングルサインオン(SSO)を実現したいとしていますが、Azureへの調達システムの移行が完了したのち、Office 365導入のタイミングでADをAzure ADへ切り替えることが可能です。
 
 Azure ADへ切り替えるまでは、認証処理のパフォーマンスの観点から、VNet内にセカンダリのADサーバーをIaaSで構築し、オンプレのADサーバーと同期して運用することを推奨します。
 
 最後に、移行後のAzure上の調達システムは、現在利用中のSCOMで、オンプレ側から運用・監視することも可能です。もちろん、Azure側からオンプレミスのシステムを統合的に管理することもできます。SCOMと連動できるOMS(Operations Management Suite)とのオンプレミス、クラウドのハイブリッド統合もよいでしょう。
 
 
文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

最終更新:7/4(火) 7:04
アスキー