ここから本文です

三浦大知&KREVA登場!MIYAVI、熱狂の15周年対バンツアーがついにファイナル

6/30(金) 17:14配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

活動15周年を記念し、都内15本対バンライブツアーを開催。毎回ゲストアーティストを交えて、熱いライブを行っている“サムライギタリスト”MIYAVI。

【詳細】他の写真はこちら

そんなMIYAVIが、6月29日、『NTT DOCOMO presents MIYAVI 15th Anniversary Live “NEO TOKYO 15”』のツアーファイナルを迎えた。

最終公演のゲストは三浦大知。三浦大知が熱いパフォーマンスを繰り広げたあと、MIYAVIが登場。観客は待ちきれんばかりの大歓声でMIYAVIを迎える。

スラップ奏法が堪能できる「What’s My Name?」からスタートし、本田技研工業株式会社「FIT」のCMソングとして話題の「Fire Bird」を演奏して場内は一気にヒートアップ。そして、KREVAがステージに登場し「Strong」を披露すると、会場を大きな盛り上がりを見せた。

途中のMCでは「サッカー選手になりたくて、挫折して、ギターに救われて、ギターと出会って、こうしてギターが世界中いろんなところに連れてってくれて、俺はギター弾いているときだけは自由になれる。ドキドキ、ワクワク、初期衝動をみんなに共有し、自由に感じてほしい。今日はガッツリ解放して、世界でいちばん熱い夜にしたいと思っています」と語ると、大歓声が沸き起こった。

「今回、15周年ということで、東京での15公演ライブを通じて、昔の仲間やスタッフも来てくれました。みんな変わらず頑張っていて、うれしかったし、ホッとしたし、心地良かった。でも、ここで止まってられない。音楽でやれることは限られてるけど、たとえ綺麗事でも歌い続けていきたいと思ってます。俺たちは、これからも止まらないし、決して、昔のほうが良かったと言いたくない。いくつになっても、絶対に“今が最高”と言えるように、毎日、一瞬一瞬燃え尽きて、前進していきたい。そしてまたお互い成長して会えたら」と、ファンや関わったスタッフに改めて感謝の意を示し、熱狂のファイナルを締めくくった。

アンコールでは映画『無限の住人』主題歌「Live to Die Another Day -存在証明-」「Wonderful World」を披露。そして、三浦大知を呼び込んで、昨年末テレビ番組の特番で披露し大いに話題となった「Cry & Fight」をプレイ! MIYAVIのギターに合わせて、ダンスをし歌唱する三浦大知に超満員の観客が酔いしれた。

さらにふたりによる新曲も披露し、観客を魅了。そして最後にKREVAを呼び込んで、3人で「What’s My Name Day 2 Mix」を披露し、観客を熱狂させた豪華セッションは幕を下ろした。

全世界を駆けめぐり、各地を魅了し、デビュー15周年を迎え、さらに勢いを増して故郷の日本に戻ってきたMIYAVI。さらに前に突き進むMIYAVIの動向から目が離せない。

PHOTO BY Yusuke Okada

リリース情報
2017.04.05 ON SALE
ALBUM『ALL TIME BEST “DAY 2”』

MIYAVI OFFICIAL WEBSITE
http://myv382tokyo.com/