ここから本文です

ニキ・ラウダがうわさを否定「メルセデスはマクラーレンと契約していない」

6/30(金) 20:45配信

TopNews

メルセデスAMGの非常勤会長を務めるニキ・ラウダが、メルセデスとマクラーレンがすでに2018年シーズンのパワーユニット供給契約を結んだというような事実はないと語った。

2015年にスタートし今年で3年目を迎えるマクラーレンとホンダのコラボレーションだが、今季も過去最悪と言っていい状態が続いている。そして、マクラーレンはすでに2018年にはメルセデスに乗り換えることを決めたようだとのうわさもささやかれている。

だが、ラウダはドイツのテレビ局『Sky(スカイ)』に、まだマクラーレンとの契約は結ばれていないと次のように語った。

「マクラーレンにはホンダとの契約があるんだ」

ラウダももちろん、マクラーレンとホンダが決別に向かっているようだとのうわさがあることは知っている。だが、ラウダは次のように続けている。

「だからと言ってメルセデスのエンジンを搭載することになるとは限らない」

「誰からも求められていないよ」

そう語ったラウダは、“世界屈指のメーカー”であるホンダがF1にとどまることが重要なのだと続け、次のように付け加えた。

「以前、同じような話がレッドブルとの間にもあった。だが、彼らはルノーにとどまったし、それがうまく行ったよ」

最終更新:6/30(金) 20:45
TopNews