ここから本文です

サイバネットのCAEソリューション、アンシスとの組み合わせ提案で力を発揮

6/30(金) 8:40配信

MONOist

 サイバネットシステムは、「第28回 設計・製造ソリューション展(DMS2017)」(2017年6月21~23日、東京ビッグサイト)において、同社が扱うCAEツールを紹介した。

 同社は、CAEツール大手のアンシス(ANSYS)の販売パートナーとして知られている。今回の展示でも、さまざまな解析に利用できるアンシス製品をアピールしていた。その一方で、DMS2017には、アンシスの日本法人であるアンシス・ジャパンが7年ぶりに出展した(関連記事:いよいよ設計者CAE時代の幕開けか、アンシスが7年ぶりのDMSでアピール)。サイバネットシステムは、DMS2017でどのような展示を行ったのだろうか。

 「アンシスのCAEツールは充実した機能がそろっているものの、全ての解析需要をカバーできるわけではない。当社としては、顧客の求めに応じた、アンシスと連携可能なCAEツールとの組み合わせ提案を重視している」(サイバネットシステムの説明員)という。

 例えば、サイバネットシステムの自社製品である音響解析ソフトウェア「WAON」との組み合わせであれば、流体音や振動音をはじめとした騒音問題の検証に役立つ。同じく自社製品の射出成形CAEシステム「PlanetsX」の場合、繊維配向や熱硬化反応など樹脂特有の物性を考慮できる。DEM Solutionsの粉体挙動解析ソフトウェア「EDEM」は、離散要素法を用いて複雑な粉体の挙動を正確に解析することが可能だ。

最終更新:6/30(金) 8:40
MONOist