ここから本文です

(語る 人生の贈りもの)一柳慧:10 ルールへの反発、自らの骨格に

6/30(金) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■作曲家・一柳慧

 《個人の感性を大切にする平尾貴四男と、理論的な裏付けを重視する池内友次郎。相次いで師事した2人は偶然にも、当時の日本の楽壇の両極を象徴する存在だった》
 池内先生の指導は、音楽本来の生命と対峙(たいじ)するというよりは教科書的にアプローチするタイプのものでした。でも私はピアノを弾いていましたので、そのあたりは大作曲家たちの筆の肉感から、すでに自ら学んでいたんですね。
 池内先生は、松村禎三さんとか三善晃さんとか別宮貞雄さんとか、基礎をまじめにやってくる優秀なお弟子さんに慣れてらしたと思うんです。……本文:1,597文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社