ここから本文です

【インド】タタとVW、提携解消の可能性

6/30(金) 11:30配信

NNA

 インドの自動車大手タタ・モーターズと独同業フォルクスワーゲン(VW)が、提携を解消する可能性が出てきた。両社は3月に共通の車台(プラットフォーム)を開発することで合意したが、コスト効率性に疑問が生じているため。地元各紙が伝えた。
 VWは、タタが開発を進めるプラットフォーム「アドバンスド・モジュール・プラットフォーム(AMP)」に100億ルピー(約174億円)を投じる予定だった。情報筋は一方で、VWと同社傘下のシュコダで独自開発しても必要投資額は1億4,000万ユーロ(約179億円)と指摘。シュコダのエンジニアも、同等の投資でVWが開発するプラットフォーム「MQB」の現地化が可能と主張している。VWは現在、MQBを輸入して国内で組み立てている。
 タタとVWは2019年に新プラットフォームを搭載した車種を発売する計画だった。シュコダを加えた3社で、AMPの搭載モデルの年間販売台数は国内外で最大70万台を見積もっていた。タタが独自開発することになれば、採算が合わなくなる可能性もあるという。
 2社は「現在は提携の可能性を精査している段階」と話した。

最終更新:6/30(金) 11:30
NNA