ここから本文です

【巨人】カミネロ「パワーになるね」宇都宮ギョーザ24個ペロリ

6/30(金) 5:04配信

スポーツ報知

 初めて口にするギョーザにお箸が止まらない! 巨人のアルキメデス・カミネロ投手(30)が29日、宇都宮でのDeNA戦を翌日に控え、当地入り。オフとなったこの日、同市内の老舗ギョーザ専門店「餃子舗宇都宮みんみん・本店」を訪れた。揚げ、水、焼きの全メニューを計24個平らげ大満足。市民のソウルフードを味わい「パワーになるね。残りの試合も全力で頑張るよ」と“ギョーザパワー”を注入し、前半戦残り12試合をフル回転で挑む。

【写真】餃子を「背負って」登板する菅野

 カミネロスマイルがはじけた。30日のDeNA戦に向け、生まれて初めて宇都宮の地を訪れた。球団スタッフからギョーザが名物だと聞きつけアンテナが働いた。すし、焼き肉、天ぷら…。和食が大好きな来日1年目の助っ人右腕は一人で街に繰り出した。

 「中には何が入っているんだろう?」。おそるおそる口に入れてみた。豚肉の甘みと野菜の甘みが口の中であふれ出す絶妙なおいしさ。「何個でも食べられるよ!」と満面の笑顔。焼きギョーザ2皿を平らげると、揚げ、水にも挑戦。途中でタレにラー油を加え「グレイト!」と絶賛。味の変化も堪能した。

 ギョーザには豚肉のたんぱく質だけでなく、野菜のビタミン、にんにく、ニラなど代謝が上がる栄養素が盛りだくさん。「パワーになりそうだね」。地方遠征のバス移動で少し疲れた体も完全回復だ。

 帰り際にはお店から焼きギョーザのお土産をもらい、大喜び。「ロースコアでも自分がしっかり抑えて頑張りたい。任せられたところをしっかり投げるよ」。今季は主に9回を任され、25試合で0勝2敗15セーブ。スタミナを十分に蓄えフル回転に準備は万端だ。(玉寄 穂波)

 ◆宇都宮ギョーザ 宇都宮市のソウルフードとして愛される。焼き、水、揚げなどの種類もいろいろ。同市の公式HPによると、中国に出兵していた第14師団の元兵士らが帰国後に広めたという。93年に宇都宮餃子会が発足し、現在は約80店舗が加盟。1世帯当たりの年間購入額は、10年まで15年連続日本一。全国にファンが多く、毎年11月の第1土日には「宇都宮餃子祭り」が開催される。

最終更新:7/3(月) 9:36
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 1:10