ここから本文です

“地方の鬼”巨人・菅野、宇都宮で筒香斬る!入団から地方球場で9戦7勝

6/30(金) 6:05配信

デイリースポーツ

 30日のDeNA戦に先発する巨人・菅野智之投手(27)が29日、“地方の鬼”として「3番・筒香」を斬り、宇都宮のファンを魅了する意欲を示した。宇都宮清原球場で最終調整した右腕は「筒香もそうだし、いい打者がいるチームと対戦し、来たかいがあったと思ってもらえる勝負をしたい」と力を込めた。

【写真】菅野 球宴は入団1年目から5年連続出場 「全部、真っすぐで勝負」を予告

 エースは地方にめっぽう強い。「自分ではそんなに抑えてるイメージはない」と振り返ったが、13年の入団から地方球場で9試合に登板して7勝1敗、防御率1・75を誇る。宇都宮では15年4月の広島戦で前田と投げ合い、8回無失点で勝利。好相性の球場が、今季2戦2勝の相手との勝利を後押しする。

 筒香の3番起用も追い風となりそうだ。「立ち上がりに走者を置いて筒香を迎える方が嫌だった」と4番の方が脅威という。それでも相手は3試合連続本塁打中で、油断はない。「一番大事なのは、いい打者の前に走者を置かないこと。彼に対してはずっとそういう意識でやってきた」と闘志を燃やす菅野。2つの利を生かし、チーム浮上へ弾みをつける。