ここから本文です

<嗣永桃子>15年の芸能生活に幕 ラストライブで涙「たくさんの愛をありがとう」

6/30(金) 21:07配信

まんたんウェブ

 アイドルグループ「カントリー・ガールズ」の“ももち”こと、嗣永桃子さんが30日、青海野外特設会場(東京都江東区)で、ラストライブ「嗣永桃子ラストライブ ありがとう おとももち」を行い、15年間のアイドル活動および芸能活動に幕を下ろした。嗣永さんは「この15年間、たくさんの愛をありがとうございました」と涙で声を詰まらせながら感謝の気持ちを伝え、会場に集まった約8000人のファンから大きな拍手と声援を送られた。

【写真特集】アイドル「ももち」の感動のラストステージ

 嗣永さんは「卒業を決めた時、『頑張ってね、応援してるよ』と言ってくれたファンの皆さん、ありがとう。卒業を引き留めてくれた皆さん、どうもありがとう。こんなにも愛されてるんだって実感しました。私は本当に自分が大好きです。こんなふうに自分を好きになれたのは、間違いなくファンの皆さんのおかげです」と呼びかけた。

 コンサート前のオープニングアクトでは、「アンジュルム」「つばきファクトリー」「こぶしファクトリー」「Juice=Juice」「モーニング娘。」と、ハロー!プロジェクトのグループが登場し、嗣永さんの卒業に花を添えた。その後、嗣永さん以外のカントリー・ガールズのメンバーが、犬や猿、鬼など童話「桃太郎」のキャラクターに扮(ふん)して登場。ステージに桃の形をしたバルーンが出現し、桃の中から嗣永さんが現れるという演出で、コンサートがスタートした。

 コンサートでは、「Berryz工房」や「Buono!」、カントリー・ガールズの楽曲などアンコールを含む全21曲を披露。嗣永さんの15年間のアイドル活動を振り返る「15周年記念メドレー」や、約3年ぶりの“復活”という「ももち結び」で登場してカントリー・ガールズのメンバーと共に「ももち!許してニャン?体操」を歌唱したほか、アンコールではメンバーと元「シャ乱Q」のまことさんによる「アイドル卒業注意事項」、メンバー全員による「VIVA!!薔薇色の人生」も披露した。

1/2ページ

最終更新:6/30(金) 22:35
まんたんウェブ