ここから本文です

カブス・マドン監督も西武・森コーチに哀悼の意

6/30(金) 16:31配信

東スポWeb

【ワシントン発】カブスのジョー・マドン監督が29日(日本時間30日)、森コーチの若すぎる死を悼んだ。指揮官は森コーチがデビルレイズ(現レイズ)入りした2006年が監督1年目だった。「とても、とても残念だ」とため息をつくと、森コーチについて語った。

「私にとっても(監督)1年目のシーズンだった。試合終盤に投げるリリーバーとして期待されていた彼は本当に素晴らしい人間。(06年3月の右肩脱臼後は)復帰に向けて精一杯やっていたが球速が戻らなかった」

 森コーチはメジャーのマウンドに立つことなく07年に退団した。「結局、(メジャーの)フィールドに立つことはなく、彼にとって素晴らしいことは起こらなかっただろうが、彼とともに過ごせた時間があったことをうれしく思う。彼の遺族に対し哀悼の意を表したい」

最終更新:6/30(金) 16:48
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 11:40