ここから本文です

来季セリエB昇格のインザーギ率いるヴェネツィア、1年間無所属のメクセス獲得に意欲

6/30(金) 21:43配信

GOAL

元イタリア代表のフィリッポ・インザーギ氏が率いるヴェネツィアが元ミランのDFフィリップ・メクセスの獲得に興味を示していると、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

来シーズンからセリエBに復帰するヴェネツィアは元フランス代表DFメクセスの獲得を狙っている。現在35歳のメクセスは2016年6月にミランを退団して以来、1年間、所属先が見つかっていない。2016-17シーズンは、ミランで2シーズン半一緒にプレーした日本代表のMF本田圭佑に対し、SNSで「モナミ(仏語で私の友人)…あなたは僕にとって最高の親友だよ」とつぶやき、注目された。

■インザーギが本田の親友獲得に興味?

インザーギにとって、メクセスはミランでの元同僚であり、教え子でもあり、特別な存在だ。それに加え、2004年から2016年までイタリアでプレーしており、381試合に出場、23ゴールをマークするなど経験豊かだ。「ヴェネツィアでセリエAに戻りたい」と就任時に語っていたインザーギにとって、ベテランのメクセスの存在はセリエBで大きな力となる。このためインザーギはスポーツディレクターのジョルジョ・ペリネッティ氏に対し、メクセスと連絡を取るよう指示している。

なおメクセスは昨年11月、元フィオレンティーナのアドリアン・ムトゥ氏がスポーツディレクターを務めるルーマニアのディナモ・ブカレストからオファーを受けたが拒否している。友人であるインザーギからのオファーをメクセスが受け入れるのか、注目されるところだ。

ヴェネツィアは1907年に創立した伝統あるクラブで、セリエAでの経験もある。1999-2000シーズンには元日本代表でジュビロ磐田監督の名波浩氏が所属していたことで知られている。

GOAL

最終更新:6/30(金) 21:43
GOAL