ここから本文です

Apple、「macOS High Sierra」のパブリックベータを公開

6/30(金) 9:09配信

ITmedia NEWS

 米Appleは6月30日、次期macOS「macOS High Sierra」のパブリックベータを公式サイトで公開した。

【その他の画像】

 Apple IDでサインインし、アップデート可能な端末を登録すれば、「Mac App Store」から最新のパブリックベータを入手できる。対応する端末は以下の通り。

・iMac(2009年以降)
・MacBook(2009年以降)
・MacBook Air(2010年後半)
・MacBook Pro(2010年半ば)
・Mac mini(2010年半ば)
・Mac Pro(2010年半ば)

 新OSでは、Safariが「世界最速のデスクトップブラウザ」になり、「メール」の分割画面の改善や「写真」の機械学習採用の高度な検索機能、編集機能の強化などが施される。データシステムがHFSからAPFSに大きく変わることもあり、ベータのインストール前にはバックアップしておいた方がよさそうだ。

 新機能はAppleの公式サイトにまとめられている。

 正式版のリリースは今秋の予定だ。

 なお、「iOS 11」のパブリックベータは27日に公開済み。「tvOS」のパブリックベータは30日にmacOSと同時に公開された。

最終更新:6/30(金) 9:09
ITmedia NEWS