ここから本文です

イニエスタ、X・プリエト、D・ガルシア...10年以上同クラブに在籍する貴重な選手たち

6/30(金) 22:00配信

GOAL

あるクラブ一筋で、現役のキャリアを終える。スペインでは、実際それは難しくなっているのかもしれない。

バルセロナMFアンドレス・イニエスタ、レアル・ソシエダMFシャビ・プリエト、ラス・パルマスMFダビド・ガルシア。この3選手に共通するのは、長く一つのクラブに在籍し続けていることだ。

2002年にバルセロナでトップデビューを飾ったイニエスタは、同クラブ一筋でプレーしてきた。X・プリエト、D・ガルシアは2003年以降現所属クラブ一筋だ。

D・ガルシアはラス・パルマスで2部B(実質3部)、2部、1部でのプレーを経験している。クラブ史上最多出場記録の449試合(この記録を有しているのはヘルマン・デボラ氏)にあと9試合と迫っており、2017-18シーズンの記録更新が期待される。

X・プリエトは、レアル・ソシエダのエンブレムの一部だと言っていい存在だ。記念すべきソシエダでの500試合出場まで、あと5試合としている。

スペインでここ10年以上同クラブでプレーしている現役選手は以下の10名だ。

イニエスタ(バルセロナ)

メッシ(バルセロナ)

ブスケッツ(バルセロナ)

イトゥラスペ(アスレティック・ビルバオ)

スサエタ(アスレティック・ビルバオ)

シャビ・プリエト(レアル・ソシエダ)

カルロス・マルティネス(レアル・ソシエダ)

ダビド・ガルシア(ラス・パルマス)

マリオ・ガスパール(ビジャレアル)

ブルーノ・ソリアーノ(ビジャレアル)

GOAL

最終更新:6/30(金) 22:00
GOAL