ここから本文です

【楽天】梨田監督、抹消中の茂木が球宴選出され困惑…辞退なら後半戦最初10戦出場不可

6/30(金) 6:05配信

スポーツ報知

 楽天・梨田昌孝監督(63)が29日、右肘骨挫傷で離脱中の茂木が長期離脱する可能性を示唆し、球宴の現行制度に問題を提唱した。

【写真】球宴初出場に喜ぶ茂木だが…

 19日に登録抹消された茂木は28日に再検査を受診。梨田監督は「炎症は治まったと聞いている」としながらも、復帰時期に関しては「先のことはめどが立っていない状態」と話した。球宴に選手間投票で選出され「初めてのオールスターですので、オールスター独特の雰囲気を味わえたらなと思います」と茂木は球団を通してコメントしたが、複雑な事情も重なっている。

 梨田監督は球宴直前、7月11日からのソフトバンク2連戦(ヤフオクD)あたりからの復帰を望んでいる。だが、そこで試合に出せば当然、球宴も出場せざるを得なくなるが「(球宴に)無理して出して、長引かせるのもちょっと問題がある」と慎重。代走や代打だけの限定出場の道もあるが、お祭り舞台を軽視するような起用を進言したくないという思いも抱えている。

 球宴前の復帰をあきらめ、さらに球宴も辞退すれば完全復活に近づくが、後半戦最初の10試合に出場できないというルールがある。指揮官は「使いたくても使えないから抹消している。ルールも改正していかないといけない。ちょっと間違っていると思う」と規則に対しての疑問も投げかけた。オールスター後には7月25日からソフトバンクと3連戦があるが、辞退すれば出場できない。「いないものはしょうがない。最善を尽くしてやるだけ」と指揮官は前を向いたが、首位・楽天にとって大きな痛手だ。(安藤 宏太)

 ◆後半戦10試合出場停止 球宴に選出された選手が出場を辞退する場合、「野球協約」の第86条により、球宴後の公式戦に10試合出場できなくなる。かつては「顕著な傷病等により出場できなかったものとコミッショナーが認めたときは、出場登録できるまでの期間を短縮することができる」とされていた。だが06年にファン投票で選出された福留(当時中日)が右膝を痛めて辞退しながら後半戦初戦から出場したことを機に07年からは例外がなくなった。

最終更新:6/30(金) 7:48
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報