ここから本文です

ジダン長男がレアル退団でリーガ1部へ...アラベスと3年契約を締結

6/30(金) 6:53配信

GOAL

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督の息子、エンツォ・ジダンがアラベスと3年契約を結んだことが分かった。

レアル・マドリーの“黒歴史”を暴く!史上最低の獲得選手とは?ワースト27名を一挙公開

スーパースターの息子として注目を集めていた22歳のエンツォは、サンティアゴ・ベルナベウでインパクトを残せないまま、新しい挑戦を迎えることになる。2004年にレアル・マドリーの下部組織に入団した同選手だが、大部分の時間をBチームにあたるカスティージャで過ごしていた。

2016年11月のコパ・デル・レイの3部レオネッサ戦でファーストチームデビューを飾り、いきなり初ゴールをマーク。その後も大きな期待を集めていた同選手だが、リーガやチャンピオンズリーグで度々メンバーに招集されながらも定期的に出場機会を得られず、今夏アラベスに加入することが決まっている。

アラベスはクラブの公式ウェブサイトで「デポルティボ・アラベスはエンツォ・ジダンを歓迎したい。彼の幸運を祈っている。ようこそ、エンツォ」と声明を発表した。

なお、この移籍には買い戻し条項も含まれており、アラベスでの活躍次第では将来的にエンツォがサンティアゴ・ベルナベウに帰還する可能性も残されている。

GOAL

最終更新:6/30(金) 6:53
GOAL