ここから本文です

円広志 ロケへの意欲衰えず「何やっても許されますよね」

6/30(金) 18:00配信

東スポWeb

 タレントの円広志(63)が30日、自身がMCを務める関西テレビの朝の情報番組「よ~いドン!」(月~金午前9時50分、関西ローカル)が放送開始から10年目に突入し、大阪市内の同局で会見を開いた。

 円は「僕が55歳のときに番組が始まって今年で64歳。60過ぎたぐらいから体力的に下り坂で、これからどうなるんやろうと思ってましたが、やってるときは疲れ知らずで楽しい。毎日、本当に楽しくやっています」と感慨深げに語った。

 同番組の人気コーナー「となりの人間国宝さん」では、月・火曜のリポーターを務め、出会いを求めて関西各地をぶらり歩き。9年間で認定した“人間国宝さん”の数は、延べ4000組を突破した。

 ある商店街で大きな絵に遭遇し、作者の男性を訪ねた時のことを振り返り「『いつか人間国宝さんが来るやろうと思って、目立つとこに飾ってた』って言われた。つまり、おとりとして置かれてた絵にまんまと引っかかった」と苦笑い。

 それでも、ロケに対する意欲は衰えないようで「僕がこれから10年続けるとすればもう70代。かなりトンチンカンなことをやって街のみなさんを困らせるかもしれないけど、それでも許してもらえる年ですよね。そうなってくると強い。この分だったら90歳まで続けられそうです」と意気込んだ。

 一方、金曜日レギュラーの羽野晶紀(48)は「毎週、東京から大阪に通ってるんですが、朝4時に起きて子供のお弁当を作ってから、始発の新幹線に乗る生活を9年続けている自分を褒めたい」と苦労を明かしつつ、「私も実家でほっこり息抜きさせてもらってるような気持ちでやらせてもらっています」と笑顔で語った。

最終更新:6/30(金) 18:00
東スポWeb