ここから本文です

石垣の木伏森蔵さん、全九州少年少女空手道選手権3位入賞 悔しさバネに目標達成 /沖縄

6/30(金) 14:53配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 北九州市立総合体育館で6月17日・18日、「第4回全九州少年少女空手道選手権大会」が開催され、木伏森蔵さん(吉原小6年)が3位に入賞した。(石垣経済新聞)

「小学校最後の年。残りの空手道大会にも積極的に出場して優勝を目指したい」と話す木伏森蔵さん

 小学1~6年生の男子・女子の「形」・「組手」で競われる同大会。九州・沖縄地域の各県から選ばれた791人が出場した。「第13回沖縄県少年少女空手道選手権大会」で木伏さんは3位となり出場枠を確保していた。

 2位以内に入賞し、国大会である東京武道館で開催される「全日本少年少女空手道選手権大会」の出場を目指していた木伏さん。「小学最終年のため『形』競技優勝を目指していたが第3位となり、全国大会の出場を逃してしまいとても悔しい思いをした」と振り返る。

 その悔しさをバネにして今回、3位で入賞。「今回の全九州大会では絶対入賞したかった。準決勝では敗れてしまったが、目標としていた3位入賞することができた。小学校最後の年、残りの空手道大会にも積極的に出場して優勝を目指したい」と意欲を見せる。

みんなの経済新聞ネットワーク