ここから本文です

【全日本】野村 世界タッグ戦に自信「若い力を見せつけたい」

6/30(金) 18:47配信

東スポWeb

 全日本プロレスは30日、横浜市内の事務所で7月17日の東京・後楽園ホール大会へ向けて会見を開き、世界タッグ王者のゼウス(35)、ボディガー(49)組に挑戦するジェイク・リー(28)、野村直矢(23)組が意気込みを語った。

 リーは「あの2人に勝つということに意味がある。その後にベルトはついてくるんじゃないかと思います。パートナーを信じて、僕らで世界タッグを取りたいと思います」と力強い。野村も「僕らこの前も挑戦して負けてるんで、リベンジをかけてやります。今だったら勝てる自信しかないんで、勝って若い力を見せつけたいなと思います。おっさん2人には絶対負けねーぞって感じです」と強気に言い放った。

 全日本期待の若手2人だけに、世代交代の必要性をひしひしと感じている。「やっぱりベルトを持ってる人たちって違うんですよね。強さだけじゃなくて、責任感を持って戦ってる。今後は僕らがそれを担うことになる。今まで見たことのない景色の中で何を感じてこれからどうやっていくのか、僕らみたいな若いやつらがやっていかなきゃいけない」(リー)

 リーは11日の後楽園大会で3冠ヘビー級王者・石川修司(41)に挑戦し敗退。すぐに回ってきたチャンスを、今度こそものにするつもりだ。

 また、同大会では世界ジュニアヘビー級王者の佐藤光留(36)が田中稔(44)の挑戦を受けるV4戦開催も決定した。

最終更新:6/30(金) 19:00
東スポWeb