ここから本文です

日本ハムの新助っ人ドレイクが“二刀流”宣言「ストレートは最速156キロ」

6/30(金) 18:55配信

東スポWeb

 日本ハムは30日、遠征先のZOZOマリンスタジアムでキューバ出身の新外国人ヤディル・ドレイク外野手(27=前メキシカンリーグ・ドゥランゴ)の入団発表を行った。

 この日来日したばかりのドレイクは「アベレージヒッターだが肩の強さには自信がある。今回の来日で日本は3度目。(前回)プレミア12の時と比べて気候の違いを感じている」とコメント。2014年のドジャース入り前には二刀流だったこともあり「ストレートの最速は97マイル(約156キロ)。平均的には95マイル(約153�)だった。チームのためだったら何でもやるよ。100%でプレーしてファンが楽しんでくれたらいい」と投手起用もいとわない姿勢を示した。

 栗山監督は「待ってたよね。本当にフレンドリーだしウチの文化に早く慣れてほしい。今は打つ方が苦しんでいる。大きな起爆剤になってほしい」と今季メキシカンリーグで71試合に出場し打率3割8分5厘、14本塁打、61打点をマークしているキューバ人に大きな期待をかけた。

最終更新:6/30(金) 18:55
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報