ここから本文です

大阪夏祭りの始まり「愛染まつり」 宝恵駕籠パレードで幕開け /大阪

6/30(金) 16:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 四天王寺の支院「愛染堂・勝鬘院(あいぜんどう しょうまんいん)」(大阪市天王寺区夕陽丘町)で6月30日、大阪三大夏祭りの一つ「愛染まつり」が初日恒例の「宝恵駕籠(ほえかご)パレード」で始まった。(あべの経済新聞)

愛染堂・勝鬘院で「駕籠上げ」

 593年に聖徳太子によって建立された施薬院が前身と伝えられ、「愛染さん」の愛称で親しまれている同院。「愛染まつり」は、天神祭と住吉祭に並ぶ大阪三大夏祭りの一つともされる。江戸時代に芸妓(げいぎ)が宝恵駕籠に乗ってお参りしたのが起源という「宝恵駕籠パレード」、現在は浴衣姿の「愛染娘」が乗っている。

 当日は、あべのキューズモール(阿倍野区)で出発式が開かれ、「愛染さんじゃ、ほえかごっ、ぺっぴんさんじゃ、ほえかごっ、商売繁盛、ほえかごっ」の掛け声で谷町筋をパレードした。同寺の多宝塔前では、愛染娘が順番に乗ったかごを高く上げる「駕籠上げ」で盛り上がった。

 愛染娘は公募で集まった228人から選ばれた10人と留学生枠2人の計12人。境内のステージで7月1日18時から、特技を披露して競う「ミス愛染娘コンテスト」が行われる。

  期間中の開門時間は10時~21時。7月2日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク