ここから本文です

テニス=マッケンロー氏、セリーナへの発言「言うべきではなかった」

6/30(金) 11:15配信

ロイター

[29日 ロイター] - 男子テニスで7回のグランドスラム優勝経験のあるジョン・マッケンロー氏(米国)は28日、女子テニスで23回のグランドスラム優勝経験を持つセリーナ・ウィリアムズ(米国)に対する自身の発言について後悔していると話した。

マッケンロー氏は、25日にメディア上で「セリーナは史上最高の女子選手だが、もし男子ツアーでプレーしたならば世界700位程度だ」と発言。これに対して、第一子の出産を控えるセリーナは自身のツイッターで「プライバシーを尊重し、敬意を払ってほしい」と、抗議の言葉を綴っていた。

同氏は、米スポーツ専門局ESPNに電話出演した際、「言うべきではなかった。このような事態を起こすとは思っていなかった」と話した上で、セリーナの米テニス界での活躍ぶりを称賛した。

最終更新:6/30(金) 11:15
ロイター