ここから本文です

園子温監督×名越稔洋氏のスペシャル対談が実現した“セガなま”5月放送回がYouTubeで公開! 園監督へのファミ通.com独占ショートインタビューも

6/30(金) 19:02配信

ファミ通.com

●園子温監督×名越稔洋氏の対談が実現した注目の回!
 セガゲームスは、2017年6月30日、バラエティ番組“セガなま ~セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ~”の2017年5月放送回のアーカイブをYouTubeで公開した。この回の見どころは、セガゲームスの取締役/CPOにして、『龍が如く』シリーズ総合監督の名越氏 と、映画監督・園子温氏とのスペシャル対談。園氏といえば、『愛のむきだし』、『冷たい熱帯魚』、『地獄でなぜ悪い』、『ひそひそ星』など、ジャンルに捕らわれない幅広い作風で知られる人気映画監督。近年では、『龍が如く』シリーズとおなじ新宿の繁華街を舞台とした『新宿スワン』、『新宿スワンII』(原作:和久井健氏)なども監督している。気鋭のクリエイターふたりがどのような会話を交わすのか、生放送を見逃した方は必見だ。

●放送現場で園子温監督を直撃!
 2017年5月30日の同番組の収録日には、ファミ通.comで園監督へのショートインタビューを行うことができた。ごく短時間ではあったが、園監督のゾンビゲーム好きが垣間見える内容だったので、以下でご紹介しよう。

――今回の“セガなま”出演の経緯は?

園子温氏(以下、園) 以前、ある雑誌で名越さんと対談をさせていただいたことがあって、そのときにふたりで酒を飲んだりして。初対面だったのですが、とても話が合ったんです。今回の出演はその流れですね。

――名越さんに最初にあったときの印象は?

園 テレビやCMにも出ていますし、こんな雰囲気の人かな、と事前に思っていた感じそのままの人でしたね。経歴もすごいと思ったのですが、ちょっと特殊な人だなと。自分とはぜんぜん違うタイプの人だと思いました。

――ちなみに、『龍が如く』というゲームはご存知でしたか。

園 もちろん知っています。ゲームのほうはまだ遊べていないのですが……。

――お忙しいとは思いますが、ふだんゲームで遊ばれることもあるのでしょうか。

園 最近は本当にちょっとだけですね。プレイステーションやプレイステーション2のころまではけっこう遊んでいたのですが。ちなみに、プレイステーション4も何かゲームをやろうかなと思って買ってはあります。Xbox(※機種未確認)も持っていますし。ゾンビのゲームを遊んでほしいと人から勧められたりして……。タイトルなんだっけな。

――『バイオハザード』シリーズとか?

園 いや、『バイオハザード』は昔やっていましたが、それではなくて……えーと、『デッドライジング』だ。ゾンビのゲームはちょっと好きなんですよ。『DEAD ISLAND(デッド アイランド)』とか。

――なるほど(笑)。この機会に『龍が如く』シリーズもぜひ。ちなみに、いま一番忙しくされているお仕事は?

園 ぜんぶ映画のことですよね。シナリオを書いたり、つぎの映画の準備をしたり……。

――まもなく『新宿スワンII』と『ANTIPORNO』のセル版が発売となりますが、楽しみにしているファンの皆さんに何かひと言いただけますか。

園 まったく真逆の内容なんですけどね(笑)。ひとつは自分のやりたい放題やった映画で、もうひとつは人気の原作がある映画で、このふたつを両方一気にやったわけですけども。『ANTIPORNO』は本当に自分の嗜好性を全開にしていますが、『新宿スワンII』はそういうふうには作っていないので、見比べていただければいいと思います。

●園監督の2作品がまもなくセルリリース!

最終更新:6/30(金) 19:02
ファミ通.com