ここから本文です

池袋にカフェ&ブック「本と珈琲 梟書茶房」  ドトールコーヒーが新業態 /東京

6/30(金) 17:03配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 駅ビル「Esola(エソラ)池袋」(豊島区西池袋1)4階に6月30日、ドトールコーヒー(渋谷区)のカフェ&ブック新業態「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」がオープンした。(池袋経済新聞)

「読書と喫茶を楽しむゾーン」

 「かもめブックス(神楽坂)」代表でエディトリアル・ジェットセットの柳下恭平さんとコラボレートした同店。取り扱う約3000冊の本は柳下さんが「新たな本との出合い」をテーマにセレクトした。

 うち約2000冊の本は全て同店オリジナルブックカバーで袋とじした「シークレットブック」となっており、中身は読んでみるまでの「お楽しみ」になっている。表紙には紹介文や、次に読むのにお薦め本の情報なども書かれている。

 エソラ池袋を運営するメトロプロパティーズ(台東区)の吉田さんは「既存のブック&カフェは、本屋がカフェをやるという店で、本を前面に出している店が多いのでは。梟書茶房は、コーヒーの店が本屋をやってみたらどうなのかという考えから始まった店」と話す。喫茶店の中で思いがけない本との出合いや、読書をゆっくりとした時間の中で愉しめる空間を演出するという。

 店舗面積は99.9坪。店内は、その日の気分やシーンで使い分けられるよう、4つのテーマの空間デザインのエリアに分けられている。

 エリアは、ソファ席を設ける「喫茶と食事を楽しむゾーン」、図書館をイメージした1人用席を設置する「読書と喫茶を楽しむゾーン」、約1000冊の書籍を揃えた本棚と席が並ぶ「物思いにふけるゾーン」、木の質感と緑を配置し心地いい時間を演出しテラス席も併設する「おしゃべりするゾーン」。

 提供するコーヒーは、日本スペシャルティコーヒー協会副会長で同トレイニング委員長、ドトールコーヒー取締役を務める菅野眞博さんがコンセプトに合わせて「梟(フクロウ)ブレンド」を開発。グアテマラをメインにビターチョコレートのような「深いコクとボディー感」を表現した深いりコーヒーで、オーダーを受けてからサイフォンで抽出し提供する。

 本とコーヒーのセットメニュー「梟叢書(ふくろうそうしょ)」も毎月数量限定で用意。柳下さんがセレクトした本と、菅野さんがその本のイメージに合わせて作る同メニューためだけのブレンドコーヒーのセットとなる。

 フードメニューは、「BOOKシフォン(プレーン・ショコラ)」(各500円)、「ホットドッグ」(プレーン=480円、サルサ=600円)、「BOOKサンド」(600円)は、「トリプルミートとチーズ」「コーンビーフと北海道ポテト」「サーモンタルタルとごちそうサラダ」の3つの味を用意する。

 営業時間は10時30分~22時。

みんなの経済新聞ネットワーク