ここから本文です

映画「スパイダーマン」新作、プレミアに「アイアンマン」も参加

6/30(金) 11:55配信

ロイター

[ロサンゼルス 29日 ロイター] - 米マーベル・コミックスの「スパイダーマン」の実写映画化作品、「スパイダーマン:ホームカミング」(日本公開8月11日)のワールドプレミアがロサンゼルスで開催され、ジョン・ワッツ監督やキャストらが集結した。

今作は、マーベル作品群として同一の世界観を共有する「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」に参加し、アイアンマンとの競演が実現したことでも話題を集めている。これまで「スパイダーマン」映画は、ソニー・ピクャーズが製作してきた。

新シリーズの第1作となる今作で、スパイダーマン(ピーター・パーカー)を演じるのは英俳優トム・ホランド。ホランドは、スパイダーマンのモットーは「大いなる力には、大いなる責任が伴う」だとしたうえで、「若者の模範になることの責任を感じている」と語った。

マーベル・スタジオのケビン・ファイギ社長は「初めてスパイダーマンがマーベル・ユニバースに加わった。信じられない気持ちだ。みなさんに観てもらうのが待ちきれない」と話した。

「アイアンマン」を演じるロバート・ダウニー・Jrもプレミアに姿をみせた。

同作品は欧州では7月5日から、米国では7日から公開される。

最終更新:6/30(金) 11:55
ロイター