ここから本文です

チケット高額転売問題の解決になるかも イープラス、多重登録防止に全会員にSMS認証を求めるリニューアル

6/30(金) 15:46配信

ねとらぼ

 イープラスが、携帯電話番号を使ったSMS認証を、会員登録システムに全面導入することを発表しました。チケットの高額転売防止などを目的としたもので、大手チケット販売会社としては初の試みとのこと。

【図】リニューアル前後の違い

 6月29日から新規会員登録、登録情報の変更でSMS認証が必要に。携帯電話番号宛てにショートメッセージを配信し、そこに記載された認証番号の入力を求める仕組みになっています。すでに登録されている会員に対しては、2018年1月までかけて段階的に適用する方針で、チケット申込み時にSMS認証が求められます。

 チケットの高額転売は、人気イベント、公演などのチケットが営利目的から買い占められ、定価以上の価格で再び販売されることにより発生。本当に行きたい人が購入できなくなること、主催者、チケット事業者が対策に追われていることなどから社会問題化しています。また、対策を厳格化すると手続きが複雑になり、入場トラブルが発生してしまうことも。

 イープラスでは、これまでにも抽選システムの高精度化、「スマチケ(スマホでチケット申し込みから入場までできるサービス)」でのSMS認証といった転売防止策が実施されてきました。新たに導入された会員登録時のSMS認証は、規約に反して多重に会員登録を行う転売者の排除が目的。チケット購入に先立つ会員登録のタイミングで転売を防げることから、「問題の根本解決」になる可能性があるとしています。

最終更新:6/30(金) 15:46
ねとらぼ