ここから本文です

WWEアスカ日本公演直前インタビュー【下】後輩たちへ「私が道を作ることが大切」

6/30(金) 13:25配信

デイリースポーツ

 世界最大のプロレス団体WWEの日本公演が6月30日と7月1日に両国国技館で行われる。その直前に、日本では華名のリングネームで活躍したNXT女子王者のアスカ(35)が都内でインタビューに応じた。

 15年10月にWWEの第3ブランドNXTでデビューして以来、今年5月にはビル・ゴールドバーグが持っていたWWE最多記録の173連勝を更新するなど歴史的な快進撃を続ける日本人スーパースターが、今後の目標、自身に続いてWWE入りすることが予想される日本人レスラーへの思いなどを語った。



 -日本凱旋は3回目。

 「3回ともタイトルを日本のユニバース(WWEのファン)のみなさんにお見せできることがうれしいですね」

 -帰ってくると気持ちも変わる?

 「落ち着くというか、テンションが上がりますね。でも、懐かしいという感覚はなくて、今までずっとここにいたような感じですね。昨日もおとといも日本にいたような感じで、いつも通りにあそこのお寿司屋さんに行こうかな、という感じで」

 -日本ではどこかに行く予定はあるのか?

 「あります。昨日は銭湯に行ってきましたし、お寿司も食べましたし、幸せですね」

 -本物のお寿司を食べると力がわいてくる?

 「わいてきますね。ありがとうという気持ちになります(笑)」

 -銭湯は好きなのか?

 「好きですね。アメリカにはないので、それが一番つらいかもしれないですね」

 -昨日の銭湯で疲労回復?

 「しました。(今回は)シンガポールから来たんですけど、夜の6時出発なのに朝の6時に来てしまって、12時間ぐらい空港にいたんですよ。めちゃくちゃしんどかったです(笑)。その分の疲れも一気に(回復)」

 -日本のファンにはどういう戦いを見せたい?

 「NXTでやっているメンバーとは違うんですけど、今まで通りWWEで戦ってきたものを見せられたらなと思っています。WWEでやってきたことを見せるのが今回の仕事と思っているので、日本でやっていたものに変えるより、そのまま持って来れたらと思っています」

 -日本人レスラーのレベルの高さを見せていることで、アスカ選手に続いてWWE入りする日本人も出てくると思うが

 「これから入ってくる選手もいると思うので、できるだけ入りやすい、活躍しやすいように、私が道を作ってあげることが大切というか、私の役目だと思っています」

 -今後の目標は

 「日本でもそうですけど、たくさんの人に楽しんでもらうことが一番ですよね。そうするためには有名にならないといけないですし、価値を高めないといけない。あと、WWEの女子の試合をいまだかつてないレベルまで高めていきたい。トリプルH(WWE最高執行責任者)も言っていましたけど、そのために呼ばれたわけですから、その役割をしっかりやっていきたいです」