ここから本文です

なんばに立ち飲み大衆酒場「仮)ニュー・ダイトン」 豚メニュー37種用意 /大阪

6/30(金) 17:40配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 大阪・難波に6月24日、立ち飲み大衆酒場「仮)ニュー・ダイトン」(大阪市浪速区難波中1、TEL 06-6641-1531)がオープンした。運営は「川端屋商店」(中央区千日前)。(なんば経済新聞)

豚にこだわったメニュー

 同社は、難波を中心に豚に特化した飲食店を展開しており、同店で9店舗目。オープンしてから1日約200人が訪れるという。同社が運営する立ち飲み居酒屋「大阪焼トンセンター」(中央区千日前)の姉妹店であることから、略称の「ダイトン」を店名に使い、「まだ本物ではない」とう意味を込めて「仮」と入れる。立ち飲みスタイルは同じながら、豚を使ったメニューを幅広くそろえたという。

 61種のフードメニューのうち、国産の豚を使ったメニューを37種用意。牛の尻尾に見立てた「ドラゴンテール」(518円)、胃の希少部位を使用した焼とん串「ガツ芯」(216円)など豚のさまざまな部位を使う。「大衆居酒屋でもいい料理を提供したい」(店長の石井貴文さん)と盛り付けをフレンチ風にするなどこだわる。

ドリンクは日本酒、焼酎、酎ハイなど約70種用意。410円の酎ハイが2杯目から270円になる「追いチュー」は、フレーバーとしてレモンやライチなどスタンダードなもののほか、ガリやパクチーなど変わり種も用意する。

 店舗面積は約62平方メートル。キッチンを囲むコの字型のカウンター席と店内奥と店頭にテーブル席を用意し、最大で約70人収容が可能。店内は大衆感を楽しんでもらうために、昭和風のポスターやインテリアを同社の社員で持ち寄って飾り付けたという。店員と客の距離が近く、カウンターで笑い合う様子も。

 ターゲット層は30~50代の働く人。客単価は1,600円~1,800円を想定する。石井さんは「立ち飲み屋なので入りやすく帰りやすい、居心地のいい店でありたい」と話す。

みんなの経済新聞ネットワーク