ここから本文です

ジェンナー姉妹がTシャツ販売中止、配慮欠くデザインに批判

6/30(金) 14:09配信

ロイター

[ロサンゼルス 29日 ロイター] - 米リアリティTV番組のスターで人気モデルのケンダル・ジェンナー(21)とカイリー・ジェンナー(19)の姉妹が、著名なバンドやミュージシャンの絵柄の上に自分たちの顔などが描かれたTシャツを売り出したが、敬意を欠くなどとソーシャルメディア上で批判が殺到し、謝罪して販売を中止した。

125ドル(約1.4万円)だったこのTシャツは、発売翌日に撤回された。絵柄に使われたのは「ドアーズ」「ピンク・フロイド」「オジー・オズボーン」「2パック」「ノトーリアス・B.I.G.」。

姉妹は「配慮を欠くデザインでした。不快に思った方々、特にアーティストのご家族に深くお詫びします」と謝罪し、「彼らの大ファンだし、文化的アイコンである彼らを軽んじるつもりはなかった」と付け加えた。

このTシャツをめぐっては、ミュージシャンの家族からツイッターで批判されたり、無許可での写真使用に対して使用停止を求める書簡が送られたりしていた。

最終更新:6/30(金) 14:09
ロイター