ここから本文です

格安スマホ、郊外の利用意向は低いが継続率は高め 相談場所の少なさが悩み

6/30(金) 17:48配信

ITmedia Mobile

 ビッグローブは、6月30日に「格安スマホに対する都市部と郊外の意識差」についての調査結果を公開した。調査対象は2大都市圏、地方政令指定都市、郊外在住で格安SIMを知っている20代~60代の男女計1200人で、調査期間は6月8日~12日。調査形式はWebアンケート形式となっている。

【格安SIMの不安点】

 予備調査で「格安スマホ(SIM)を知っているが未利用」という人に今後の利用動向を聞いたところ、「利用してみたい(やや含む)」が平均30.4%、「利用してみたいとは思わない(あまりを含む)」は平均40.7%だった。特に郊外では「利用してみたいとは思わない」という比率が41.9%と高い。

 一方、格安スマホを利用しているユーザーの9割が利用継続意向を示し、「利用し続けたくない」と明確に答えた人は全体の3%未満にとどまった。「利用し続けたい(ややを含む)」と答えた割合は地方政令指定都市が93.1%と最も高く、次いで郊外が89.7%、2大都市圏が87.9%と続き、郊外の方が使い始めると継続意向が高いことが分かった。

 格安SIM検討者に、利用するに際の不安を聞いたところ、2大都市圏では「問い合わせ先がつながりにくそう」(20.4%)、「不安に思うことはない」(11.9%)、地方政令指定都市では、「サポートが良くなさそう」(35.4%)、「設定方法が分かりにくそう」(24.6%)、「実際に料金が安くなるか分からない」(32.2%)が平均より高い。郊外では「設定方法などを相談できる人が周りにいない」(21.0%)、「設定方法などを相談できる店舗が近くにない」(29.4%)、「自分がどれくらいのデータ容量を使うか分からない」(25.1%)が多かった。

 格安SIM利用検討者に理由を聞いたところ、全国平均では「今の携帯電話会社の料金に不満があるから」(33.3%)が最大の理由となり、2大都市圏では「iPhoneで使えそうだから」(20.8%)、地方政令指定都市では「あまり通話をしないから」(27.0%)、郊外では、「今使っているスマホのSIMを挿し替えて通信料が安くなるから」(23.4%)、「通信速度が十分早そうだから」(12.2%)といった理由に加え、「今の携帯電話会社との契約の更新月を迎えるから」(14.7%)という理由が挙がった。

 なお、同社ではカメラのキタムラ モバイル店と連携を開始し、BIGLOBE SIMのサポート店舗を郊外エリアを中心に24店舗展開。BIGLOBE SIMが即日開通可能な店舗も併せて17店舗展開している。

最終更新:6/30(金) 17:48
ITmedia Mobile