ここから本文です

Mozilla Japan、「WebDINO Japan」に社名変更 Firefoxは米サイトでサポート

6/30(金) 18:16配信

ITmedia NEWS

 WebブラウザFirefoxで知られるMozilla Japanは6月30日、2017年7月に「WebDINO Japan」へ社名変更すると発表した。日本語版Firefoxの配布やMozilla製品の情報提供は、米Mozilla公式サイトでサポートする。

【画像:新組織の公式サイト】

 Mozilla Japanは、04年に米Mozilla Foundationの公式支部として発足。独立した非営利組織として、Firefoxの普及活動、オープンソースの啓発、Web標準技術の推進、オープンソースソフトウェアコミュニティー支援に努めてきた。

 今は05年に設立された米Mozilla Corporationが、Mozillaブランドのグローバルマーケティング活動全般を担っており、日本市場向けに活動してきたMozilla Japanは特殊な立ち位置だった。社名変更は、「米Mozilla Corporationの判断によるもの」だという。

 新組織では、米Mozilla Foundationとの協業は続けつつ、活動領域を拡大。コンサルティング業務、技術開発支援、コミュニティー支援などに注力し、「IT活用の進んでいない分野へオープンソース的発想を取り入れていく」という。新社名は、Web の Diversity(多様性)、Internationalization(国際化)、Neutrality(中立性)、Openness(公開性)を表すという。

最終更新:6/30(金) 18:16
ITmedia NEWS