ここから本文です

高安が連合稽古を欠席 「疲れたまっている」と田子ノ浦親方

6/30(金) 15:14配信

デイリースポーツ

 大相撲名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)

 新大関高安(27)=田子ノ浦=が30日、愛知県瀬戸市の尾車部屋で行われた二所ノ関一門の連合稽古を欠席した。田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が「疲れがたまっている」と説明。前日まで3日連続で横綱稀勢の里(30)と三番稽古を計50番取っており、全身に疲労。満足な相撲が取れないと判断し休養した。

 田子ノ浦部屋では独自で稽古を行い、疲労回復にも務めた。「序盤から飛ばしすぎた。体がだいぶパンパンに張っていた。やりたかったけど無理する必要はないかな、と。部屋でしっかり体を動かし、基礎的なこともできた。自分のペースでやる。休むことも大切」と語った。

 新大関場所で一門にお披露目となる初の連合稽古。「あしたは頑張ります」と、連合稽古最終日の参加には意欲を見せた。