ここから本文です

多田修平、10秒16で決勝進出「ベストを更新できたら」

6/30(金) 15:46配信

デイリースポーツ

 「陸上・西日本学生選手権」(30日、エディオンスタジアム広島)

 男子100メートル準決勝が行われ、世界選手権(8月・ロンドン)代表の多田修平(21)=関学大=は、追い風2・3メートルの参考記録ながら10秒16で決勝進出を決めた。この日行われた予選では、10秒40(追い風1・0メートル)で走っていた。

 「後半は流す形で走った」と多田。決勝へ向け「ベストを更新できたらうれしいし、最低でも10秒0台では走りたい」と快走を誓った。

 多田は10日の日本学生個人選手権で、追い風4・5メートルの参考記録ながら電気計時では国内レース初の日本人9秒台をマーク。日本選手権でもサニブラウン・ハキーム(東京陸協)に次ぐ2位に入って世界選手権代表に内定し、注目を集めていた。

 決勝は7月1日、午後6時55分開始予定。