ここから本文です

3連敗中の浦和、広島を警戒「下位だが、手ごわい相手」

6/30(金) 18:06配信

デイリースポーツ

 J1の浦和は30日、広島戦(7月1日・埼玉スタジアム)に向けてさいたま市内で調整した。ともに6月は勝ち星なしの3連敗という不振対決。ミハイロ・ペトロビッチ監督は「広島は下位に沈んでいるが、手ごわい相手であるのは間違いない」と警戒した。

 前節は敵地で鳥栖に敗れて3連敗、4月30日の大宮戦以降、1勝1分5敗。1試合未消化とはいえ、暫定9位、首位・柏との勝ち点差も2桁の11と開いている。守備面の乱れが一因だが、「全体的な問題。前線からの守備、中盤、後ろと守備は全体でやるもの。どこかが機能しないとほころびが出る。規律を持ってできているときは良かったが、できなくて失点している」と分析した。

 「選手にはポジティブなことしか伝えていない。下を向くような状況でないと話した」とミーティングでは前を向くことを訴えた指揮官。「ポジティブに考えれば何でもできる。3連敗しているが、今が悪い状況なら、後は良くなるだけ」。どん底からはい上がる。