ここから本文です

【柏】新加入のキム・ボギョンが会見「熱烈に自分を必要としてくれた」

6/30(金) 13:25配信

スポーツ報知

 全北現代(韓国)から柏に加入した元韓国代表MFキム・ボギョンが30日、会見を行った。

 キムは「シーズン中の移籍は大きな決断だったが、熱烈に自分を必要としてくれた。能力が高い選手がそろっている。早く合流して一緒にサッカーがやりたい。ゴールだったりアシストだったり、得点に絡むプレーでチームに貢献したい」と語った。

 キムは2010年に大分、11~12年にC大阪でプレー。その後イングランドへ渡り、カーディフなどに所属した。15年途中からは松本で約半年間プレーし、16年シーズンから全北現代で主力として活躍していた。日本時代はサイドハーフなど2列目を務める機会が多かったが、全北現代では主にボランチ・インサイドハーフでプレーしている。韓国代表では南アフリカW杯、ブラジルW杯のメンバーに選出された。

 柏はリーグ戦で首位に立つ一方、控え組中心で臨んだルヴァン杯でグループステージ敗退。21日の天皇杯でもJFL最下位の浦安相手に1―0で辛勝するなど、選手層の薄さが課題となっていた。

最終更新:6/30(金) 13:25
スポーツ報知