ここから本文です

ひふみん、引退会見直前「ミヤネ屋」宮根キャスターの「映画の主役は?」直撃質問に…

6/30(金) 15:10配信

スポーツ報知

 63年に渡る現役生活を終えた棋士・加藤一二三九段(77)が30日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で引退会見を開く直前に日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)に生出演し、会見前の心境を語った。

 番組では会見前から加藤九段に密着。宮根誠司キャスター(54)と中継を結んだ加藤九段は、妻が「いつものようににこやかに送り出してくれました」と自宅を出てきた様子を明かし、「最近テレビの取材などで滅法忙しいので、疲労困憊しないように気をつけます」と、会見に臨む意気込みを語った。

 加藤九段は公式戦29連勝の歴代新記録を樹立した史上最年少棋士・中学3年生の藤井聡太四段(14)の解説などでテレビに引っ張りだこになっている。宮根キャスターから「これから人生で一番忙しくなるんじゃないですか?」と問われると、「これから1年間で本を17冊書きます。講演会は6つ決まってまして、今より3倍くらい忙しくなります」と明かした。

 さらに宮根キャスターから「映画の主役は?」と問われた加藤九段は「そういう話もあったけど固辞してます。映画の出演とかドラマの出演は自信がありません」と話していた。

最終更新:6/30(金) 15:10
スポーツ報知