ここから本文です

ヤクルト・近藤、1球でプロ初セーブ プロ16年目右腕

6/30(金) 21:36配信

デイリースポーツ

 「阪神3-4ヤクルト」(30日、甲子園球場)

 ヤクルト・近藤が1球でプロ初セーブを挙げた。

 1点リードの九回2死一、二塁から秋吉が投げた代打原口への4球目が暴投となった際にアクシデントがあり降板となった。走者が進塁し2死二、三塁、カウント2-2から急きょマウンドに上がった近藤は132キロスライダーで原口を三振に仕留め、1球でセーブを挙げた。

 プロ16年目、オリックス時代の2008年には10勝を挙げた右腕は、プロ初セーブをわずか1球で記録した。