ここから本文です

稀勢の里、嘉風に負け越して、イライラ 二所ノ関一門の連合稽古

6/30(金) 22:09配信

デイリースポーツ

 「大相撲名古屋場所」(7月9日初日、愛知県体育館)

 左上腕部などの負傷で夏場所を途中休場した横綱稀勢の里は30日、二所ノ関一門の連合稽古で小結嘉風と21番続けて取り、9勝12敗。夏場所初日に敗れた相手に差し手の左を封じられ、攻め込まれた。

 「あー、くそー」と何度も悔しがり、患部の左腕を気にして顔をゆがめた。壁に拳をぶつけるなどイライラし、最後も連敗で終わった。前日まで3日連続で弟弟子の高安と相撲を取り、疲労もピーク。「またあした。修正していきます」と言葉少なだった。