ここから本文です

巨人・由伸監督、2被弾のエースに「長打は避けてほしかった」

6/30(金) 23:02配信

デイリースポーツ

 「巨人1-3DeNA」(30日、宇都宮清原球場)

 巨人が波に乗れない。先発・菅野が7回10奪三振の力投を見せながら、許した2本のヒットがいずれも本塁打で3失点。打線も、陽岱鋼の適時打で1点を取るのが精いっぱい、わずか5安打に終わった。

 リーグ戦再開後、これで2勝4敗となった。高橋監督は、7回を2安打に抑えたエースについて、「悪くはなかったと思います」と評価しながらも、「ただ、悪くはなかったけど、こういう形になったということを考えると、何とか長打は避けてほしかった」と注文を付けた。

 打線については、四回に同点に追いついて、なお2死二、三塁の場面について触れ、「何とか野手陣に点を取ってほしい。四回は追いついたけど、何とか追い越してほしかった」と苦言を呈した。