ここから本文です

ロッテ・伊東監督、涌井の投球に「もったいない」 6回まで2安打も、大量失点

6/30(金) 23:02配信

デイリースポーツ

 「ロッテ4-7日本ハム」(30日、ZOZOマリンスタジアム)

 九回、中村の今季1号となる2ランが右翼席に突き刺さった。3点差。結局はこのままで終わったが、ファンへのせめてもの、“おわび弾”となった。

 「涌井はよかった。球の切れもよかった。先に点を取って、もう1点取っていたら違った形になった」

 伊東監督は静かに切り出し、この日の試合を振り返った。

 七回だった。それまで日本ハム打線を散発2安打、二塁を踏ませぬ好投を見せていた涌井が崩れた。

 先頭の松本に中前を許すと、続く西川にも左へ運ばれた。一、二塁。中田が左中間への二塁打で松本が同点の本塁を踏んだ。

 これで終わらない。二、三塁からレアードが左へ逆転打。さらに局面は二死満塁と動き、中島が走者一掃の三塁打。さらに暴投でやらずもがなの1点を与えた。6失点。

 「もったいない。(涌井は)今年、こういうイニングが多い。ストライクをそろえすぎていた。変化球で交わそうとせずに、もっと力で押していけばよかった」

 伊東監督はこう話しながらも、「あのチャンスでクリーンアップで点を取れなかった」と悔やんだ。

 1回にパラデスの先制打で幸先のいいスタートを切った。だが、三回一死一塁で加藤が二ゴロ併殺打。五回にも先頭のペーニャが出塁したものの、三木が送りバントを失敗。中村が遊ゴロ併殺打だ。

 極めつけは六回だった。先頭の田村が右安打で出ると、サントスが送って一死二塁。加藤の内野ゴロで一、三塁とチャンスは拡大し、鈴木が投ゴロで二、三塁となった。

 パラデスは四球を選び満塁。角中に期待がかかったが、遊ゴロで万事休した。

 あと1点が遠かった。試合の流れはチャンスを逃すたびに日本ハムに傾き、七回にとうとう涌井の“決壊”を招いた。

 「先に点を取るんだが、追加点がね…」

 伊東監督が最後にまたポツンと言った。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 17:20