ここから本文です

矢吹純VS下岡由美子、勝者は日本女子ミニマム級初代王座決定戦・決勝進出!

6/30(金) 19:26配信

スポーツ報知

 プロボクシングの日本女子ミニマム級1位・矢吹純(協栄、7戦全勝3KO)と、同級6位の下岡由美子(厚木ワタナベ、3勝1KO3敗)との6回戦(7月10日、東京・後楽園ホール)が「日本女子ミニマム級初代王座決定戦・準決勝戦」として行われることが決まった。協栄ジムが30日、日本ボクシングコミッション、日本プロボクシング協会女子委員会により承認されたと発表した。

 矢吹は「魅せるボクシングをしたい! 女子ボクシングを、もっとメジャーなものにしたい!」と意気込んだ。この試合の勝者は、秋頃に予定される決勝戦のリングに上がる予定という。

最終更新:6/30(金) 19:34
スポーツ報知