ここから本文です

豪風、名古屋場所での健闘誓う「やれるだけのことやる」

6/30(金) 20:39配信

スポーツ報知

 大相撲の幕内・豪風(38)=尾車=が30日、名古屋市中区で行われた「中央大学大相撲出身力士を励ます会」で名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)の健闘を誓った。今年で22回目の開催となる同会。参加した約100人の前で「これと言う目標は設定せず、やれるだけのことをやっていきたい」と抱負を述べた。

 新しく後輩も加わった。元大関・出島の大鳴戸親方が2009年名古屋場所で引退後7年間、同大卒の現役力士は豪風1人だけ。今年から弟弟子の幕下・矢後(22)と三段目・一山本(23)=二所ノ関=が加わりにぎやかになった。

 名古屋では大卒力士として、元関脇・栃乃洋(現竹縄親方)を抜き単独1位の幕内在位82場所となる。「この記録を1つ後輩たちには目標にしてもらって、自分は背中で見せていきたい」。今後の関取昇進を目指す後輩たちを、男の背中で引っ張ることを宣言した。

最終更新:7/27(木) 12:07
スポーツ報知