ここから本文です

【仙台】G大阪倒して前半戦白星締めだ! 渡辺監督「次こそは、という思い」

6/30(金) 20:41配信

スポーツ報知

 J1ベガルタ仙台は30日、ホーム・G大阪戦(7月1日午後7時、ユアスタ)に向け、仙台市内で約1時間半の最終調整。ミニゲームやセットプレーの確認などを入念に行った。

 前節25日のホーム・C大阪戦(2●4)は敗れたものの、好連係で相手守備を崩して得点するなど収穫もあった。渡辺晋監督(43)は「仙台はどんなサッカーをするのか、ということをしっかり示せていますし、選手も同じように絵を描けているので、そういう意味での成長は感じています」と手応えを口にした。

 それでも現在12位で、目標のトップ5(5位以内)には巻き返しが必要。指揮官は「これは昨年からですけど、『良くなってきたよね』では終われない。それをしっかり結果につなげて、強いチームにしなければいけないと感じている」と決意を新たにした。

 21日の筑波大との天皇杯2回戦は、ホームで逆転負け。サポーターからブーイングを浴びた。それでも4日後のC大阪戦では、同じユアスタで温かい声援を受けた。指揮官は「涙が出るくらいうれしかった」と感謝した。

 前半戦最後となる4位・G大阪戦は、2015年から3連敗中と苦戦しているが「(C大阪戦で)選手が自信を持って勇敢に戦うことができたのは、サポーターがあのような空気を作ってくれたからこそ。その思いに応えなければいけないというのは、チーム全員が感じている。次こそは、という思いでいます」と、公式戦4試合ぶりの勝利を見据えた。

最終更新:6/30(金) 20:41
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1